ビタミンの効果

ビタミンの効果について考えてみましょう。

ビタミンは基本的に体内で生成する事が出来ませんので、食事やサプリで摂取する必要があります。

水溶性ビタミンは多量に摂取しても尿から排出される為、副作用は起こらないでしょう。

脂溶性のビタミンは体内にたまりやすく、過剰摂取は良くないとされています。

ビタミンは毎日の食事から摂取する事が望ましいですが、足りない成分だけサプリに頼っても良いでしょう。

ビタミンの効果はご承知の通りですが、自分に足りない成分だけ摂取出来れば都合が良いのではないでしょうか。

サプリに頼り過ぎて、過剰に摂取すれば良いという物ではありません。

ビタミンが不足してしまうと体に様々な問題が起こりますが、それを見極める必要があります。
自分が改善したい症状に効果のあるビタミンを効率良く摂取する事で、症状が改善する可能性があります。

シミ・そばかす対策にはビタミンC、肌荒れや髪のトラブルにはビオチン、口内炎予防にはナイアシンなどといった症状別に意識して摂取しましょう。

この様にビタミンには様々な役割がありますので、自分には何が必要か何が足りていないか見極めましょう。

そうする事によって、症状の緩和につながったり症状が改善されたりします。

自分でもそれは判断出来ると思いますが、自分の改善させたい症状を明確にしましょう。

症状が改善されて悩みがなくなれば、心身共に健康になれます。

自分の体と良く相談して、症状に合わせたビタミンを効率良く摂取して行きましょう。